不幸日記
日々つれづれだらだらり。 数々の不幸が私を襲う、そんな駄文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

うたがっせん。

また一年が過ぎました。
貴重な大学時代もその分終わりに近づいたということです。
マジファック。


さて、大晦日といえば紅白歌合戦です。
最近では演歌だけではなく、様々なジャンルの歌が登場します。
いや、昔からかもしれませんが。
もう混沌としてますね。
お年よりは理解できない若者の歌が演歌の合間に流れるのは不快でしょうし。
子供たちは演歌なんて聞きたくない子がほとんどでしょう。
家族みんなで楽しめる、がウリらしいですが。
ほとんどの人が聞きたくもない曲を聴かなきゃなんねーんじゃねえか。
そう思っていましたが、ちょっと考えてみる。
NHKはCMがありません。
そう、トイレに行く時間がないのです。
つまり、NHKはみんなにトイレの時間を作るように選曲をしているのです。
しかも、聞きたくない曲が世代によって違うため、家族間でトイレの順番待ちをしなくてもすむのです。
これは画期的です。
恐るべし、NHK。
あんたたちを見くびっていた俺を許してくれ。


さて、別にNHKはどうでもいいんですが。
大塚愛の恋愛写真を見たかったんです。
映画の主題歌になっているんですが、やけに気に入りまして。
この機会に実際に歌っているのを見てみようと。
しかし、親父は紅白を見ながらも、頻繁に他の番組にチャンネルを変えています。
これはいけません。
演歌好きな親父は大塚愛のときにチャンネルを変える可能性があります。
しかし、見たいから変えないでといえないシャイな俺。
自室で見ることにしました。
俺の部屋、テレビがありませんが、アンテナの配線はあります。
兄貴の部屋に不法侵入をすることによって、テレビをゲットしました。
後はアンテナを繋げば完了です。
机の隙間にあったアンテナの線を引っ張り上げます。
すると、むき出しになった銅線だけの先っぽが現れました。


端子は?


これはいけません。
これでは大塚愛が見れません。
仕方ありません。
俺は電気屋にダッシュです。
割と高かったです、端子。
でも、仕方ありません。
大塚愛のライブに行くと考えれば安いものです。
帰宅すると即効端子を取り付けにかかろうとします。
すると、俺の視界にあるものが飛び込んできます。


端子です。


取れてただけで存在しないわけではなかったようです。
マジファック。
俺の金と時間を返せ。
嘆いても仕方ありません。
早くしないと大塚愛が始まってしまいます。
とりあえず、元の端子の方が確実なので、そちらを取り付けることにします。
端子自体は苦労せずに取り付けられました。
そして、いよいよテレビの電源をつけます。


お約束どおり映りません。


そして何故か。


10チャンネルと12チャンネルだけ映ります。


これはいけません。
テレビの周波数をマッハで合わせようと試みます。
そこで大変なことに気づきます。


周波数を合わせるボタンが存在しません。


これはいけません。
必死に周波数を合わせる方法を探します。
そして、こんな表記を見つけました。


調整方法:自動方式


自動って、おまえ何もしてくれてねーじゃねえか。
これはいけません。
もう、自室のテレビで見るのは無理なようです。
しかし、ネバーギブアップの精神が大切です。
俺の携帯はテレビが見れるのです。
早速、テレビモードを起動。
そして、画面が切り替わります。


電池残量が少ないためテレビを起動できません。


これはいけません。
ここですでに、大塚愛まであと二曲です。
充電器に突っ込んで電池の回復を待ちます。
あと一曲のところで回復しました。
テレビを起動します。


ノイズに混じった美川憲一の歌声と砂嵐が見えます。


これはいけません。
必死にベストプレイスを探します。
白黒ですが、音も綺麗に表示できる場所を発見しました。
そこにダンボールをおいて、携帯を設置します。
そして、いよいよ大塚愛の歌の開始です。


その瞬間、ダンボールが倒れました。


これはいけません。
ノイズしか聞こえません。
必死にさっきの場所を探します。
音は綺麗に聞こえましたが、もはや映像は輪郭を判断するのが精一杯。
しばらく眺めていたのですが。
もはや、mp3で曲を聴くのとなんらかわりがないことに気づき。
俺は静かに携帯を閉じました。


余談ですが。
両親はその時間、チャンネルを変えずに紅白を見ていたそうです。


今年こそはいい年でありますように。
スポンサーサイト
【2007/01/01 17:29】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

たちばな
  • Author:たちばな
  • 自虐的なネタしかない悲しい人
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • タチバナ(03/03)
  • 火田(02/27)
  • (11/22)
  • 蟹葉りずむ(11/21)
  • (11/15)
  • 蟹葉りずむ(11/12)
  • さき(PSY)(11/12)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。