不幸日記
日々つれづれだらだらり。 数々の不幸が私を襲う、そんな駄文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

のろけ。

ブログに書くことがありません。
そう簡単にネタになるようなことは起こりません。
むしろ、簡単に起こったら俺の身が持ちません。
あまりに書くことがないため。
メッセンジャーで「ノロケでも書くかな」的なことを友達に言ったところ。
まあ、書いたらー的な、適当な答えが返ってきました。
しかし、さすがに下手なことは書けません。
知り合いも見てますし、彼女本人もここ見てるわけですし。
そこで。
とりあえず、試験的にメッセンジャーでノロケ話をしてみたところ。


「やめときゃよかった…」
「ごちそうさま」
「それなんて萌え娘?」
「すでに満腹です・・orz」


一人、なんか違う人がいますがスルー。


とりあえず、やめておこう。
そう結論にいたった今日この頃。
聞きたいヤツは個人的にかかってこいやあ!
スポンサーサイト
【2005/06/27 23:12】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ぶーこ。

去年のクリスマスイヴ。
当日まで学校があって、彼女にプレゼントを買う暇がなかったんです。
それは彼女も同じのハズで。
だから。
お互いプレゼントはなしにしようという話をしました。
俺はホントにプレゼントを用意してなくて。
彼女も用意してないだろうと思っていました。
そしたら。
彼女は大きな袋を抱えてやってきました。
すごく嬉しかったです。
そして。
ドキドキしながら中身を確認すると。
そこには。
ぬいぐるみが入っていました。


ブタのぬいぐるみが。


うん、可愛いよ。
でもね。
何でクリスマスにブタなのかしら(;´Д`)


「寂しいときはこれを見て私を思い出してね」


ブタからじゃ連想できません('A`)


いや、でも、すげー気に入って。
俺の枕になってますけれどね。
おかげでなんか、横幅が1.2倍くらいになりました。
でも、ちゃんと大事にしてます。
【2005/06/26 22:42】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ぷりとくら。

思い出したことを書きつづっていく。
だって、ほら。
ブログつけるのめちゃくちゃ忘れます(;´Д`)


去年、プリクラをとりました。
祭りがありまして。
そのときに男二人女三人で撮ったんです。
金髪で髪はわりと長めだったんです。
それで。
男友達が実家に帰ったときに親にプリクラを見せたそうです。


「男一人で女の子に囲まれて、モテモテねー」


_| ̄|○ 俺は男なんですけれども…


ていうか。
つっこむべきところはむしろそこじゃない。


何故に親にプリクラを見せるんだ…マイフレンド…


親にプリクラを見せる状況、いまいち想像できない俺でした。
【2005/06/24 00:02】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

そつけん。

自動車学校の卒業検定でした。
決められたコースを走ればいいだけ。
そして。
俺は前日に教官の人にこれなら合格だと言われてました。
余裕。
こんなの落ちる気がしねえ。
そう思っていたんです。


俺の前の人はなんのトラブルもなく終了。
そして俺の番。
発進してすぐ左折だったんですが。
いきなり、交差点の直前にトラックが停車してやがりまして。
そいつをかわしてたらウインカー出すのが遅れ。
いきなり減点を食らう俺(;´Д`)
まあ、それでも大丈夫さ運転を続ける俺。
快調に走っていると。
右側の店からトラックが飛び出してきました。
まあ、そのまま道に合流するのかなとさほど速度を落とさず様子を見ていると。
トラックはUターンしてそのまま店に戻っていきました。


_| ̄|○ てめえ、何のまねだ…


「ブレーキ踏むの遅すぎ」と減点。
こんな事態、誰も予想できねえよボケが('A`)
そのほかにも。
救急車がぴーぽーぱーぽーやってきたり。
交差点を左折最中、狙ったように歩行者が横断してきたり。
もう散々でした。


受験者の見知らぬおっさんに「あんた、災難だったね…」と言われるくらい散々でした('A`)


それでも合格しました、祝ってください('A`)
【2005/06/23 11:59】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) |

うまごん。

俺の腹の上に彼女が座っていたんですよ。
俺が寝っ転がってたら、乗っかってきたわけなんですが。
それでとりとめのない話をしていました。
しかし、急に。


「きゃっ」


彼女バランスを崩し、倒れ込む。
そして。


たてた肘が俺の鎖骨にがっつり命中。


もだえ苦しむ俺。
ちと痛かったですが、まあ、それはさておき。
急に彼女が言う。


「そういえば、なんか大切なことを言おうと思ったんだけど…」


しかも、真剣な顔をして。
普段はおちゃらけている俺もシリアスモード。
真面目に向かい合う。
どうやら、話そうと思った瞬間にバランスを崩し忘れてしまった様子。
そして。
しばらくして。
彼女は言った。


「君のあだ名はウマゴンだ」


うまごんだ…。
うまごんだ…。
うまごんだ…。


それのどこが大切な話なんですか(;´Д`)


俺は大切な話なんだと聞いたから。
すごく緊張しながら話を待っていたのに。
ウマゴンって、キミ…('A`)
なんか、自分が馬乗りになっていたからウマゴンなんだそうな。
もう、俺はなんだかよくわかりません。
誰か通訳を呼んでください。

【2005/06/23 11:48】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

しゃこー。

404エラー


自動車学校の担当教官が見つかりません


というわけで。
俺の教習やってくれるだったハズの教官が。



帰宅してやがりました'`,、 ( ´∀`) '`,、


誰も他の教官があいてなかったので。
俺車に乗れませんでした(;´Д`)
自分の担当くれーこなせよな!


自主経路走行というのに入りました。
目的地を決められ、そこに地図を見てたどり着くという教習。
初めてのとき。
俺の横に乗っていたのは気さくなお兄さん。
とてもやりやすかったです。
ですが。


「お、あの子巨乳じゃない?」


などといって俺を惑わせないでください(;´Д`)


_| ̄|○ 自分がどこ走ってるかわからなくなりましたよ…


まあ、無事につけたのでよしとしますが…。
とにかく。
自動車学校はもうやめたい_| ̄|○
【2005/06/12 17:50】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

おねがい。

今日も自動車学校でした。
仮免をとってから路上教習をやっています。
教官にも当たりはずれがありまして。
まあ。
優しく教えてくれる教官とか。
すぐに怒る怖い教官とか。
友達が当たったリーゼントの教官とか。
車の必要性ととデートの関係について熱く語る教官とか。
様々でございます。
今日の教官は怖くなかったので俺的にあたりでした。
ですけれど。
一つだけお願いがあります。


_| ̄|○ 教習中ずーっと携帯いじってないでください…


本気で死にますって(;´Д`)
命かけてるお仕事なんですから、ちゃんとしてください。
【2005/06/08 20:38】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |

PROFILE

たちばな
  • Author:たちばな
  • 自虐的なネタしかない悲しい人
  • RSS
  • 05 | 2005/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • タチバナ(03/03)
  • 火田(02/27)
  • (11/22)
  • 蟹葉りずむ(11/21)
  • (11/15)
  • 蟹葉りずむ(11/12)
  • さき(PSY)(11/12)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。