不幸日記
日々つれづれだらだらり。 数々の不幸が私を襲う、そんな駄文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

おっさん。

本屋にいきました。
そしたら。


三つ編みをしたおっさんが店員でした。


一生懸命本を並べてました。
ボクは。
見て見ぬふりをして通り過ぎました。
よいことをしたと思いました。
願わくば。


あのひげ面の三つ編みが記憶から消えますように。
スポンサーサイト
【2005/05/30 22:10】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) |

偉大なるちょびひげ。

俺は高校時代、男子校でした。
そりゃ、暑いは華がないわで大変でした。
鬱病にもかかります、そんなもん。
先生方も逝っちゃってました。
数学の教師で。
偏差値の授業をやっているときに。


「なっちはだいたいこの辺なんだ、でな、小池栄子がこの辺で~…」


自分の好みで女性芸能人をひたすら評価し始めたり


まあ、男子校ですから、そういうのの方がウケがいいのかもしれませんね。
その中で俺が好きだった英語教師。
はじめて見たときから顔が忘れられません。


彼はちょびひげだったのです。


授業も刺激的でした。


「鈴木くんは佐藤くんのことが大好きです」


なんていう例文を男子校で書いちゃう人です。
リアリティがあって恐ろしいのでやめてほしかったです。


そんな彼が。
West(西)の単語について語ったとき。


「この"West"は普段使うウエスト(腰)とは違うんだ。
"Waist"って書くんだ」


「じゃあ、須永(仮名)。"B"は?」


なんだ、その唐突な意味不明な質問…(;´Д`)
そう思っていたら。


「はい、バスト(胸)です!」


「正解だ」


…なるほど、さすが須永くんだ。
"hear"をなんて発音するか聞かれて。


「ハー…ヘア!」と答えただけある。
ちなみに、ハーは"her"。ヘアは"hair"ですね。
つなげると「彼女のヘア」
周りが大爆笑しました。
それに気づかずに彼は「ヘア!ヘア!ヘア!」と連呼してました。


まあ、男子校なんてそんなものです。
さらにやばいものもありましたが、また後日。
【2005/05/27 11:50】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) |

厄日。

なんでこんな日になったのか。
それは俺にもわかりません。


仮免の試験がありました。
まずは技能。
俺の受験番号は2番だったんですが。
前の番号の人の車に同乗するシステムなので、その人の車に乗りました。
その人、運転下手すぎ(;´Д`)
クランク(カクカクした道)の道沿いに並んだポールにぶつかるとその時点で即失格なんですが。
その人はぶつかりそうになり。
「ぶつかったら検定終了になるぞ!」と教官に怒鳴られてましたが。
一本のポールがゆらゆらと揺れていたのはボクの気のせいですかそうですか
まあ、とにかく運転が下手だったので。
教官は怒りまくり。
二番手の俺にとって最悪な状況を作ってくれました_| ̄|○
で、まあ。
技能はクリアして。


_| ̄|○ 学科落ちました…


かなり凹みました。
もう、その時点で俺にとってすげー嫌な日だったわけですが。
とどめがあるとは夢にも思わなかったのです。


放課後、電車で彼女の家まで行くことに。
で、駅に駐輪場があるんですが。
一日五十円と、やすいのですが正直払いたくありません。
路上に停めておくと容赦なく撤去されます。
そして前々から考えていたのが。
近くのアパートに駐輪作戦。
これならば撤去されんし金もかからん。
そして、今日。
わりと近くにアパートを発見。
すいーっと駐車場に入り、駐輪完了。
颯爽と駅に向かう俺を呼び止める声。


「ちょっと、そこの兄ちゃん」


振り向いてみると。


中尾アキラを50歳にしたようなおっさんが(;´Д`)
ちなみに声は極楽とんぼの加藤がキレたときの声でした。
なんだこのおっさんは…。
「兄ちゃん、このアパートに住んでたっけか?」
―住んでないですけれども。
「じゃあなんでここに自転車停めてんだ?」
どうやらおっさんはアパートの大家らしく勝手に駐輪されて激怒した様子。
すぐ移動しますと伝えると。


「何停めてんだって聞いてるんじゃ、われぇっ」


Σ(゚Д゚;)


「おまえ、よく俺んとこに停めてるよな、こら」
―初めてなんですけれど。


「嘘つけや、この自転車前にも見たことあんぞっ」


そりゃ、自転車ですもん、似たようなヤツはいくらでもあります(;´Д`)


―でも、ホントに初めてなんです。


「だから嘘つくなって言ってんだよっ。万引きしたヤツだって初めてだって言うんだっ」


そんな万引きと一緒にされても…(;´Д`)


―ですから、本当に今日が初めてなんですけど。


「じゃあなんでテメェはきょろきょろ周り見渡してねえんだよ。初めてなら周り見渡したりすんだろーがっ」


ただ自転車停めるのにそんなことするヤツはいねー(;´Д`)


「万引きするときだってきょろきょろすんだろーがっ」


いや、だから万引きと一緒にされても…(;´Д`)


「だいたい、なんでここがアパートだってわかんだよっ」


あんたはアパートの見分けもつかないんか…(;´Д`)


この辺で身分証明に学生証をとられる。
渡さないと殺されそうだったので。
つか、殴られる寸前でした。
むしろ、学生証で叩かれていました('A`)
まあ、ひたすら丁寧に謝って大学に連絡は許してもらいました。
おっさんの言うこと、つっこむトコたくさんあったんですが。
一方的にこちらが悪いので、とりあえず謝罪以外は述べませんでした。
揚げ足とりまくってたら警察逝きだったかしら…'`,、 ( ´∀`) '`,、


そういえば「俺はずっとあそこの上から見てたんだよ」とおっしゃってましたが。


そんなこと日頃からしてるくらい暇なんですね('A`)


そんなことするくらいなら「無断駐輪罰金一万」って看板作った方が効果的だよ、おっさん。


まだまだつっこめるところはありますが。
負け惜しみっぽい気がしてきたのでやめときます。
とにかく。
おっさんのせいで気分最悪でした。
これで電車乗り遅れてたら逆ギレしてたトコです('A`)
笑えるネタは歓迎しますが。


_| ̄|○ こういう命がけなのは勘弁してほしいです…
【2005/05/25 00:00】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

明日仮免。

明日は仮免試験です。
現在試験勉強中ですが、飽きたので駄文でも。


今朝、二時間ほど運転してきました。
さすがは明日仮免試験なだけあります。
だいぶ運転にも慣れてきました。
おかげで。


何もないまっすぐな道でがっつり脱輪しましたよ('A`)


同乗してた教官に。
「初めて運転した人くらいしか、そんなことしない」
と言われました。
ありがたきお言葉。
だから、どうか。
試験の日程をもっと先にしてください…_| ̄|○
【2005/05/24 23:48】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |

書くことが。

書くことがありません。
最近、ネタっぽいことがおこりません。
いえ、平和でいいんですけれど。
今日は何故か。
ろくに知らないヤツに喧嘩売って泣かす夢を見ました。
誰か夢占いをお願いします。

というか、バイトが見つかりません。
土日に入るのは嫌なので、それを避けれるバイトを探していますがないです。
そういえば。


塾の講師はやめました'`,、 ( ´∀`) '`,、


理由はあれです。
なんていうか。


教科書のコピーなくしたから'`,、 ( ´∀`) '`,、


_| ̄|○ まだやめる気あんまりなかったのに…


いえ、かなりきついんですよ。
予習したりとかもしなきゃなりませんし。
実習をもう一度くらいやってみて、やるかやらんか決めようと思ってました。
ですけれど、これですよ。
担当の人に教科書なくしました、なんていってごらんなさい。
本気で怒られます(;´Д`)
というわけで。
怒られるのが嫌だからバイトをやめました。
誰か。
チキンなボクをしかってください_| ̄|○
【2005/05/24 08:10】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |

おやぢ。

このあいだ親父に電話しました。
というのも金欠だったからなわけで。
ソファがほしいんですよ、俺。
手頃な値段なのがあったんですが。
どうも、こう、金がない。
カンパしてもらおうと思ったんです。
で、その話はまとまり。
ついでに。
あることについて聞きました。


両親が彼女と対面したときの話になるんですが。
親父はこう言いました。


「まあ、俺なんてだいたい一度会えばその人のことがだいたいわかるんだ」


おまい、そんな能力あったのかよ。
俺、初めて知りました。
そして親父は彼女を見てこう言いました。


「だから、だいたい予想はついてるんだ。
 まあ、本人の前じゃ言わないけどね」



その一言で、彼女(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
俺も正直悪い印象を持ったのかと(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル


と、まあ、こんなことがあったわけで。
その親父の感想について聞いたわけですが。


「そんなこと言ったの覚えてない」


息子の彼女の前で、記憶なくなるほど飲まないでください('A`)


「たぶん、綺麗で可愛いですねって言おうと思ったんだが。
 若い子の前でそんなこといえるか、馬鹿がヽ(`Д´)ノ」



なんだか知らないけれど怒られた…_| ̄|○


まあ、好印象だったようで何より。
ですが。
彼女の両親には俺は絶対悪印象だろうなあ'`,、 ( ´∀`) '`,、




_| ̄|○ かけおちしよう…
【2005/05/18 23:29】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

もげ。

金色のガッシュ!!にハマっております。
ええ、これはだいぶ前からなんですけれど。
とにかく熱くて感動する漫画です。
で。
その中に登場するキャラクター、イタリアの俳優パルコ・フォルゴレ。
この人のことが俺は大好きです。
ガッシュがアニメ化されたことで、彼のCDもでました。
そして、その曲がカラオケに入っています。
その名も「チチをもげ」
素敵です。
サビが「ちっちちっち、おっぱ~い、ぼいんぼい~ん」
素敵です。
当然、俺は覚えました。
振り付けまで。


カラオケに行ったらもちろん歌います。
ええ、大好きですから。
もちろん踊ります。
ええ、大好きですから。
たとえメンバーの中に。


彼女や他の女友達がいたとしても。


この歌を歌うととても気持ちが晴れ晴れとします。
女友達が動揺して。


「普段のタチバナさんはあんなんじゃないの!」


そう彼女にフォローしながら俺の歌ってる間、


「あんな姿は見ちゃ駄目!」


そういいながら彼女を目隠ししていたとしても。


まあ、一言いうとしたら。


普段からずっとこんなんですいません('A`)
【2005/05/09 08:24】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) |

へんたい。

http://u-maker.com/51740.htmlの変態度占いをやってみた。
というのも友達がやってたからなわけで。
けっして改めて自分の変態さを実感したかったわけじゃないです('A`)


結果




タチバナサンは 誰にでも変態。 だヨ!!


● ++++++++
誰にでも変態。サンは老若男女問わず変態。
『自分は変態でーす!!!』って主張してそう。


++++++++
1人でずーっと喋ってない?
相手の様子も見てみてね。


++++++++
騎上位が好きそう。
積極的に動いてそう。
『セックスの基本は腰を振る!!』
とか思ってない?


● タチバナさんの開運乗り物は、人力車です!






誰にでも変態って…人を選ぶ変態がいるのか…?('A`)
まあ、なんかすげー質が悪そうですね。
あながち間違ってないのでかまいませんが。


自動車学校。
本格的にめげてきました。
もう俺にはマニュアル車を運転する能力は備わってない。
しかし。
あれです。
俺の担当の教官が何故かサラダをくれました。


もう少し、頑張ってみます…('A`)
【2005/05/06 21:32】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

僕の彼女を紹介します。

どうしてこうなったのか。
俺にはさっぱりわからないわけです。
コトの発端を思い出してみると。


うちの両親がGWに俺のアパートに来たいとのたまう。
俺、彼女と過ごしたいと主張。
さらに、どうしても来たいなら彼女同席だと主張。
結果。


俺の両親と家族、四人で飯を食うことに。


親が来て、アパートを見せて観光につきあう。
そして、晩飯どきに彼女と合流。


ええと。


俺、全然彼女との時間とれてませんが('A`)


しかも。
別に晩飯だけ一緒に食う必要ないだろう。
飯くらい貴様らだけで食え('A`)
これじゃ、純粋に彼女を紹介するみたいじゃないか…(;´Д`)


親と彼女の晩飯。
結果だけ言わせてもらうと。


親父が彼女を泣かせました('A`)


まず、奴らは二時間も早く現地に到着して俺の睡眠時間を奪う。
この時点で俺、やってらんない('A`)
アパートを見せると、汚いと掃除を始める母親。
予定では二時間ほど俺のアパートに滞在することになってたんですが。
掃除をするための時間かよ…と、冷ややかに俺が言うと。


親父「昼寝するための時間だ」


_| ̄|○ そんなもんはホテルいってしろよ…


その後、観光。
近くで祭りがやっていたのでそこへ行く。
しかし、俺めちゃくちゃ睡眠不足。
催し物がやってましたが、アパート帰って寝たいと愚痴をもらす。


母親「じゃあ、帰って寝なさい」


俺、はじめから不要だったんじゃねーか('A`)


さっさとアパートに帰って熟睡する俺。
そして彼女を駅まで迎えに行く。
その後、アパートに荷物をおいてステーキハウスへ。
会話も大して弾まず、飯終了。
これではあんまりだと近くの居酒屋に。
居酒屋について親父が一言。


「はじめから居酒屋にすりゃよかった」


それ、俺がこの計画たてる前に言いました('A`)
貴様がどうしても牛肉が食べたいっていったんだろーが(;´Д`)
そして。
酒が入った親父は喋る喋る。
俺らに大してひたすら説教でした_| ̄|○
そして、気がつくと。


Σ(゚Д゚;)彼女が泣いてる


大丈夫かどうか優しく聞いてみる。


彼女「なんか感動しちゃって…」


か、感動するような話じゃないぜ…?(;´Д`)


だって。
あれです。


俺、ひたすら親父に馬鹿だのパッパラパーだの言われてただけです('A`)


そして、まあ、場もそこそこ盛り上がりつつ。
親父が言った。


「さて、ここで質問タイム」


ああ、そうか。
そりゃ、彼女の家庭とかいろいろ気になるよな。
それくらいは把握しておきたいよな。
そう思った矢先。


親父「こんな馬鹿のどこが気に入ったわけ?」


い、意味わかんねえっ(;´Д`)
おまいはどっかの女子高生かよ…。


彼女「初めて会ったとき、すごく優しくて…」


おまいも答えるなよっ(;´Д`)


とにかく、そんな感じで無事(?)終了。
なんか、この日のことに関してはもう少し語りたい気分ですが。
ていうか、俺の親父はアブノーマルっつーか。
まあ。


俺はこいつの息子なんだなと心底感じましたよ('A`)
【2005/05/03 00:00】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

たちばな
  • Author:たちばな
  • 自虐的なネタしかない悲しい人
  • RSS
  • 04 | 2005/05 | 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • タチバナ(03/03)
  • 火田(02/27)
  • (11/22)
  • 蟹葉りずむ(11/21)
  • (11/15)
  • 蟹葉りずむ(11/12)
  • さき(PSY)(11/12)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。