不幸日記
日々つれづれだらだらり。 数々の不幸が私を襲う、そんな駄文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

白いあくま。

芋煮というものをやってきました。
里芋や牛肉などを使った鍋のようなものです。
俺もここに引っ越してきてから初めて知りました。
ので、初体験だったわけです。


河原でやることになっており。
火をおこす俺たち。
苦戦すると思いきや、あっさりと火つけに成功。
鍋を上に置き、水が沸騰するまで待つ。
ちなみに、火の担当は主に俺だったわけで。
頑張って風を送る俺。
ちなみに俺、その日の格好はジーパンだったんですが。
両膝に大きな穴があいてるデザインでして。
急に。


ぱんっ!


という音がしたと思ったら。
薪が爆発して俺の膝に熱いものが直撃。
そして。


河原で「おっかねええ、やべえええええ」と叫ぶ馬鹿が生まれました('A`)


その後も調理は続く。
水が沸騰したのでこんにゃくと里芋を投入。
ふたをしてしばし待つ。
そして、ふたを開けてみると。


ごぼごぼごぼ…。


白い泡が溢れんばかりに発生。

むしろ、溢れてこぼれでた。
慌ててみんなで白いアクマの除去作業。
終わった頃には水量が半分になってますた。


しかし、水を足したりなんだりで最後にはおいしく食べられました。
とにかく俺が言いたいことは一つ。
火を頑張って面倒見てた俺を「びびり」と呼ぶな('A`)
スポンサーサイト
【2004/09/27 00:00】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

宗教。

このあいだ、うちに訪問者が現れました。
俺とあまり歳の変わらない感じの青年が一人。
スーツを着ていました。
何の用だろうと思っていると。


「あの、この世には霊が~~」


危ない人がキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!



とりあえず、話を切るタイミングを探す。
が、なかなか話が切れない。


「それで、5分くらい頭に手をかざすと、霊が~~」


_| ̄|○ そんな簡単に霊が現れたら困ります…


「で、よろしければ5分くらいお時間いただけないでしょうか。
 座っているだけでよいので」


Σ(゚Д゚;)お前がやるんかいっ



なんか、ヒゲもじゃの人とかがやると思いましたよ。
それが何で歳もあまり変わらない兄ちゃんに手をかざされなきゃならんのですか。
宗教っていうのは、もっともらしい人がいてこそ成り立つものではないのですか。
もちろん、お断りしました。


さて、宗教。
俺は仏教だのなんだの、まるで信じていないわけですが。
もし、何らかの宗教に属しなさいと言われるなら。
「にゃんにゃん教」に入ります。
ないのなら、作ります。
まず宗教に必要な、教祖様。
とにかく、風格が大事です。
一目であの人が教祖だとわかるくらいに。
というわけで。
教祖様はいつも息子がびよーん。
奇跡のなせる技ですね。

これで誰も教祖様に逆らわない。
そして、活動内容は一日五回、決まった時間に妄想します。


…。


書くことがなかったので適当に書きましたが。
もう、なんか書いてる途中で自分のアホさ加減に嫌気がさしました('A`)
とにかく、今日のまとめ。
危ない宗教には入らないこと。


それと、にゃんにゃんを愛せ!
【2004/09/21 00:00】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

たちばな
  • Author:たちばな
  • 自虐的なネタしかない悲しい人
  • RSS
  • 08 | 2004/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • タチバナ(03/03)
  • 火田(02/27)
  • (11/22)
  • 蟹葉りずむ(11/21)
  • (11/15)
  • 蟹葉りずむ(11/12)
  • さき(PSY)(11/12)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。